寝る前にする疲労回復ケア

寝る前のちょっとした時間で疲労回復


1日頑張った体はくたくたで何もする気が起きない時もあります。
しかし、寝る前に少しだけケアをすることで翌日の疲労回復度は変わってきます。
今回は寝る前にするケアでオススメなものを5つご紹介します。
どれも簡単なのに絶大な効果をはっきしてくれますので、疲れが溜まっている人はぜひ取り入れてみてください。

お風呂に入る

最近ではシャワーだけで済ませて湯船に浸からないという人も増えてきているようですね。
しかしシャワーだけでは、その日溜まった疲れが抜けず、翌日体が重くなってしまう原因になってしまいます。
寝る前に湯船に浸かることで副交感神経が優位になり、質の良い眠りができて疲労を回復してくれます。

瞑想をする


今注目を集めている瞑想を取り入れてみるのはいかがでしょうか。
瞑想と聞くと、なんだか難しそうでとっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、初心者の人でも簡単に出来る瞑想もあります。
やり方は、床に座り背筋を伸ばしで全身の力を抜きます。そして目を瞑り、呼吸をゆっくり深くしていき、意識を呼吸に集中させます。
その時、色々な思考が浮かんできますが、それを無理に取り払おうとはせずそのまま受け入れていきます。
まずはそれを5分間してみてください。
全身がリラックスして、心も落ち着き、深い眠りに導いてくれるでしょう。

ストレッチ・ヨガをする

1日頑張ってくれた体はどこもかしこも緊張しています。
そのまま眠ってしまっても疲労を回復する事はできません。
なので、寝る前にストレッチやヨガをして、体の緊張を開放してあげましょう。
ストレッチ・ヨガをすると呼吸も深くなり、気持ちもリラックスしていきます。
お風呂同様、翌朝体か軽くなっている実感がわかりやすいので、直ぐに効果を体感したい人にオススメのケアです。

アロマを焚く

アロマの香りを嗅ぐと、自律神経が整い心身ともにリラックスル作用があると科学的に証明されています。
就寝前にラベンダーやベルガモットなどのアロマを焚くことで、気持ちも体も落ち着かせましょう。
アロマを焚きながら就寝すると、眠りに入る時の感覚が全く違うのを感じられるでしょう。
寝付きが悪い人も、すっと眠りに入れるようになるかもしれません。

寝る前のケアをして明日に備えましょう


以上、寝る前にするオススメケア5選でした。
就寝前少しのケアで翌日の疲労感が変わります。
疲れが抜けないと感じている人や疲れやすくなったと思う人は、1日の疲労が回復されていない場合が多いです。
自分ができそうな就寝前のケアをして、明日に備えましょう。